パチンコ業界の変化

パチンコ業界は日々変化をしています。
庶民の娯楽として1兆円産業にまで成長したパチンコ産業は日本の大きな産業の一角を担っており、かつてのように一部の企業にだけ関係のある閉鎖的な業界というイメージもずいぶんなくなってきたと思います。
かつてパチンコ業界というと、どうしても暴力団がらみの噂や警察の利権といったネガティヴなイメージが先行していました。
日本は法律で賭博行為が禁じられているのに、パチンコはお金を賭けるギャンブルではないかという指摘も久しく、日本は世界有数のカジノ大国であるという皮肉もありました。
つまりパチンコ店はお金を賭ける場所である以上カジノだという意味ですね。
確かに街中にこれだけたくさんのカジノがある国というのは、考えようによっては日本くらいかも知れません。
パチンコの歴史は警察による規制の歴史と言い換えることが出来ます。
パチンコには内規と呼ばれる規則がありまして、これは警察庁が設定する規則に基づいています。
これにより、パチンコ店の営業やパチンコ台の性能が厳しく規制されています。
常にパチンコ台はその時代の規制をクリアするものでなければならず、その規制の枠内で少しでも面白い台を企画し、世に送り出すという歴史が繰り返されてきました。
例えば、かつてパチンコには連チャン機と呼ばれる台がありました。
デジパチと呼ばれるパチンコ台はいわゆる3桁の数字が3つ揃ったら大当たりとなりまとまった出玉が出るようになっているのですが、この大当たりが意図的に連続して発生するように作られているのが連チャン機です。
デジパチには保留玉と言って3桁の数字が動く抽選を行う回数を4回分だけ貯め込む機能がありまして、大当たりが終了した直後、この4回の間にまた大当たりを引き当てることが出来る機能を持った台が一世を風靡しました。
フィーバークィーン、エキサイトジャック、春一番などのパチンコ台はそんな連チャン機の代表格とも呼ばれるもので、多くのファンを獲得していました。
アレジンやエキサイトと言ったアレパチという連チャン機も大変な人気で、一攫千金を夢見るパチンコファンにとっては今でも伝説の台となっています。
こんな連チャン機が、現在では完全に規制されておりパチンコ店にはありません。

つまりこのような爆発的な出方をする台はパチンコファンの射幸心をあおるということで禁止されたのです。
現在では確率変動という機能によって連チャンに近い集中的な大当たりを発生させる台が一般的になっていますが、筆者の感覚では連チャン機のほうが確かに出玉の波は荒かったように思います。

関連ページ

パチンコ博物館とは
パチンコはパチンコ店以外にもゲームセンターなどでも楽しめる娯楽です。勝ったときにはとてもワクワクしますし、負けた悔しさからまた遊びたくなります。ここでは必勝法について紹介しています。
パチンコ番組ってどうなの?
パチンコはパチンコ店以外にもゲームセンターなどでも楽しめる娯楽です。勝ったときにはとてもワクワクしますし、負けた悔しさからまた遊びたくなります。ここでは必勝法について紹介しています。