パチンコ博物館とは

「パチンコ博物館」の存在をご存じですか。
本当にそんなものがあるの?
と疑問の声が聞こえてきそうですが、実際、「パチンコ博物館」は存在します。
それも、パチンコ博物館にふさわしい場所にあるのですよ。
「パチンコの町」と言えば、どこを連想するでしょうか。
そう、東京は上野。
上野駅から歩いて10分かからないところに「パチンコ博物館」はあります。
博物館の名の通り、パチンコの歴史がわかる形になっていて、古くは昭和21年ごろのパチンコ台から展示されています。
これは、日本に残っているものの中で一番古いとされるタイプの一台で、大変貴重なものです。
昭和21年ということは、まだ終戦から1年という時期。
まさに戦後のパチンコ文化がわかる博物館なのです。
この博物館の館長は、牧野哲也氏。
日本遊技史研究協会の研究員でもあります。
私財を投じて収集したその数は、なんと約850種。
その中から選んだ150機が展示されています。
平成16年に株式会社ベイブリッジの山下光男社長の協力で、同社の本社ビル三階にオープンしたそうです。

「パチンコ博物館」にはホームページもあります。
おでかけの際は、休館日を確認してから行かれることをおすすめいたします。
館内には懐かしの台を試し打ちできるコーナー、パチスロゲームコーナーなども設けられていますよ。
パチンコ好きにはたまらないですね。
パチンコ博物館は、上野の新たな観光名所になるかもしれません。

関連ページ

パチンコ業界の変化
パチンコはパチンコ店以外にもゲームセンターなどでも楽しめる娯楽です。勝ったときにはとてもワクワクしますし、負けた悔しさからまた遊びたくなります。ここでは必勝法について紹介しています。
パチンコ番組ってどうなの?
パチンコはパチンコ店以外にもゲームセンターなどでも楽しめる娯楽です。勝ったときにはとてもワクワクしますし、負けた悔しさからまた遊びたくなります。ここでは必勝法について紹介しています。