4号機パチンコの人気と5号機ショック

2007年の秋、パチンコ業界に大きな転機が訪れたことをご存知でしょうか。
パチンコ業界にはパチンコとパチスロがありますが、この大きな変革はパチスロに起こりました。
パチスロ機は世代によって分類されています。
この世代というのは内規による規制によって世代が分かれるのですが、2007年秋以前のパチスロ機は4号機と呼ばれるものでした。
4号機までのパチスロはストックという機能を持っており、大当たり抽選に当選してもすぐに大当たりとはなりませんでした。
ある条件を満たすとそのストックされた大当たりが放出され、さらにある条件を満たすと連続してたくさんのストックが放出されます。
つまり連チャンします。
その中でも「吉宗」や「押忍!番長」という台は一定のゲーム数以内にストックがどんどん放出されるので爆発的な出玉が魅力でした。
これらの台がBIGボーナスをからめた連チャンで人気を博していたのに対し、1回の出玉は少ないもののレギュラーボーナスが大量に連続するシステムでギネスブックに載るほどの人気となった「北斗の拳」など、4号機時代にはパチンコよりもパチスロのほうが人気も高かったように思います。
そんな4号機ですが、あまりの波の荒さにパチンコ中毒や自己破産などの社会問題を起こすに至ると、2007年10月で一斉に規制されるようになりました。
爆発的な連チャン性能を持った4号機は全てパチンコ店から姿を消し、以後は5号機と呼ばれるパチスロ機ばかりになりました。
5号機はいわゆる一発抽選と呼ばれる抽選方式で、例えば300分の1の当選確率の機種であれば毎回300分の1で抽選が行われ、当選すればストックされることなくすぐに大当たりが発生となります。
このシステムは現在のデジパチと同じで、ストック機能のあった4号機に比べると出玉の波が穏やかになります。
それまで高いギャンブル性で人気を博していた4号機がパチンコ店から消えることによってパチスロファンが激減してしまうのではないか、という危惧からパチスロのコーナーをパチンコのコーナーに衣替えして売り上げの確保を図ったりするなどパチンコ店は対応に追われました。
これを5号機ショックと言います。
筆者の実感としては、依然とパチスロコーナーで遊んでいるお客の数が目に見えて減ったということはありませんが、それはパチスロコーナーを減らしてパチンコ台を設置していることによって減ったように見えないだけで、やはり絶対数は減っているように思います。

パチンコ業界は5号機ショックによる売り上げの減少を危惧していますが、そもそもパチンコ人口自体が減少しているので、それに拍車をかけるのではないかという危機感は相当なものだと思います。

関連ページ

パチンコのイベントの見極め方
パチンコはパチンコ店以外にもゲームセンターなどでも楽しめる娯楽です。勝ったときにはとてもワクワクしますし、負けた悔しさからまた遊びたくなります。ここでは必勝法について紹介しています。
CR機のパチンコは連チャン許可されてる?
パチンコはパチンコ店以外にもゲームセンターなどでも楽しめる娯楽です。勝ったときにはとてもワクワクしますし、負けた悔しさからまた遊びたくなります。ここでは必勝法について紹介しています。
パチンコのフルスペック機について
パチンコはパチンコ店以外にもゲームセンターなどでも楽しめる娯楽です。勝ったときにはとてもワクワクしますし、負けた悔しさからまた遊びたくなります。ここでは必勝法について紹介しています。
パチンコのミドルスペックと甘デジ
パチンコはパチンコ店以外にもゲームセンターなどでも楽しめる娯楽です。勝ったときにはとてもワクワクしますし、負けた悔しさからまた遊びたくなります。ここでは必勝法について紹介しています。
甘デジは連チャンするけど出ない?
パチンコはパチンコ店以外にもゲームセンターなどでも楽しめる娯楽です。勝ったときにはとてもワクワクしますし、負けた悔しさからまた遊びたくなります。ここでは必勝法について紹介しています。
1円パチンコ、2円パチンコの交換レートって?
パチンコはパチンコ店以外にもゲームセンターなどでも楽しめる娯楽です。勝ったときにはとてもワクワクしますし、負けた悔しさからまた遊びたくなります。ここでは必勝法について紹介しています。
パチンコの攻略法や必勝法はホント?
パチンコはパチンコ店以外にもゲームセンターなどでも楽しめる娯楽です。勝ったときにはとてもワクワクしますし、負けた悔しさからまた遊びたくなります。ここでは必勝法について紹介しています。
パチンコで人気のキャラクターやタレントって?
パチンコはパチンコ店以外にもゲームセンターなどでも楽しめる娯楽です。勝ったときにはとてもワクワクしますし、負けた悔しさからまた遊びたくなります。ここでは必勝法について紹介しています。